IoT時代に求められるホスティングサービスまとめ

IoT時代に求められるホスティングサービスまとめ

IoT機器の役割を考えてみる

モノのインターネットと言われるIoTとは概念的にどのようなものなのでしょうか。色々なものがインターネットに繋がって使われるようになると言っても、わかったようなわからないような曖昧なイメージですよね。

IoTと言ってもクライアント・サーバという形態は変わりません。ただしクライアントはPCやスマートフォンのような多機能な端末ではなく、用途が絞りこまれた限定された機能を持つ端末であることが多いのがIoTの特徴です。

そして多くの場合、サーバからデータを端末に送るということよりも、端末からサーバにデータを送るという目的で使われることが多いのもIoTの特徴です。身体に装着した腕時計タイプのIoT端末では、心拍数などのバイタル情報を取得してサーバにアップロードしたり、遺失物を追跡するためのタグは位置情報をサーバにアップロードするなど、端末からサーバにアップロードするような使い方が多いのです。

 

インダストリーにおけるIoTの役割も同じ

以前解説したインダストリー4.0においても、生産ラインの工程ごとに設置されたセンサー(いわゆるIoT機器)から、生産状況を逐次サーバにあげて、各工程におけるエラーや進行状況を分析するシステムにおいても、概念としては同じ使い方になります。

つまり、端末で取得したデータをどんどんサーバに蓄積していくという使い方です。このようにIoT時代のサーバでは、データベースが不可欠になってきます。

 

低価格で簡単にデータベースを構築できるIoTに強いホスティングサービスとは

データを蓄積するという比較的単純な目的で使われることが多いIoTのデータベースでは、安価で簡単にデータベース構築ができるということが選択のポイントになってくるでしょう。それではIoTに強いおすすめのホスティングサービスをご紹介しましょう。

 

31-1

ブラウザから簡単にデータベースの設定ができるビジネス向けサーバ「ビズサーブ

31-2

月額480円でデータベース、転送量など全てが無制限の「無限

31-3

年間1万円未満の高機能ホスティング、もちろんデータベース数は無制限「GIGA

31-4

プロフェッショナルをうならせる占有線つき高機能サーバ「グランパワー

 

あらゆるIoTニーズに応えるホスティングラインアップを取り揃えています。比較して用途に最適なホスティングサービスをお選びください。

(一覧はこちらから)

開催中のキャンペーン
  • 夏のキャンペーン
  • お引越しキャンペーン

アフィリエイター募集 | 広告掲載のお問い合わせ | 会社概要
© 2013-2017 7artisan.com